賃貸物件でペットを飼育したい場合

賃貸物件でペットを飼育したい場合

ペット愛好家が増えておりますが、ペットの飼育が可能であるという賃貸物件はまだまだ少ない現状にあります。ペットの飼育が可能な賃貸物件だとしても、ペットの種類が限られていることも少なくありません。例えば、大型犬はNGだとか、爬虫類はNGだとかということは珍しいことではありませんので、事前に不動産業者に確認することが必要になります。また、ペットの飼育可能な物件は屋上にドッグランがあってり、エントランスにペット専用の洗い場が設置されている物件もあり、環境は整い始めていますが、その分一般の物件と比べると家賃がやや割高になっていることもあります。

また、どうしてもペットの飼育が可能な物件が見つからない人の中には内緒で飼育ができない物件にペットを連れ込む方もいるようです。しかし、これは規約違反になりますし、最悪の場合立ち退きを迫られることになりますし、ハウスクリーニングの料金も高く取られることになるかもしれません。見つからないと思っていても意外とあっさりと見つかってしまうものです。例えば鳴き声や誰も居ない筈の部屋で物音がすれば、周りの人は間違いなく不審に思います。静かなペットであれば気づかれないかもしれませんが、それでも規約違反をすることはいけません。ルールを守り、生活をすることが大切です。

Copyright 2015 賃貸物件でペットを飼育したい場合 All Rights Reserved.